スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽器(リゾネーターギター)の改造 後編(スロッテッドヘッドに改造)

さてさて こんどは チューニングペグですが…
3連となると ガットギター(クラシックギター)用プレート兼用がほとんどで プレートのデザインがイマイチ…
クラシック然としたものが多く さりとて スロッテッド用となると 独立型が多いのが現状です
(NATIONALタイプのほうは 世界のGOTOガット製をチョイスしてる)

ガットギター用でプレートが まま、この手合いに合いそうなモノをみつけたので
独立型(左上)のストリングポストとギアとを組み合わせて(要 プレート穴加工)3連のスロッテッド用にした

GEDC0801.jpg

つぎは 角ばったボタンの形を 変えて似合いそうにしてゆきます(下)

GEDC0840.jpg

ヘッドにペグ穴をあけます 垂直に真直ぐ掘るため 治具をつくり 深さを決めるカラーをドリル刃に通して
穴をあけていきます

GEDC0829.jpg

6つの穴があきました

GEDC0831.jpg

ペグを通してみます 
3弦、4弦のストリングポストとスロット穴の上が狭いですね

GEDC0836.jpg

また マスキングテープでけがいて 穴を延長していきます


GEDC0837.jpg

そして 反対に下側のスロットの角を落として 弦が触れないように削ります
最近のスロッテッドは ノミで落として 角ばった傾斜のものも多く見かけますが
古っぽい仕上がりを望む僕ですので 丸く削っていきます

GEDC0838.jpg

あとは 塗装のために ひたすらサンディング…
バインディングのギリギリまでで留めておきます

GEDC0822.jpg

アコギでは 定評のあるラッカー(ニトロセルロース系のラッカーに限る!!)を吹きますが…
ネックは マホガ二ーなのでキレイな色合いになりますが スプルースは 白くて まるで忌野清志郎さんが出てた映画  妖怪大戦争のキャラ すねこすり の顔のようです(汗)

GEDC0844.jpg

マホガニーのネックに似せた色をのせていきます
まま ヨカ感じやなかですか!!(なぜか久留米弁)

GEDC0848.jpg

それでも やっぱり継ぎ目の木目の違いが気になる…
ええい 黒を吹いて ぼかしちゃえ!! サンバーストじゃ~!!

GEDC0853.jpg

艶のない ぼかし黒もクリアを吹いたら だいじょうV
ペグを通して ピンバイスでつかんだ2mmのドリルで下穴をあける

GEDC0872.jpg

わお!! ペグがついたら すごく素敵に!!
裏のスプルースの木目のほうがキレイねぇ…ww

GEDC0889.jpg

もう 完成まぢか…
でも 大事な事が… 弦の角度が変るからナットを作りなおさないと… 
福岡なので豚骨!! と言いたいが牛骨にてナットを作ります(汗)

GEDC0742.jpg

ついでに ビンテージには ついてないテンションロッドの味気ないカバーを 
少しだけ(穴に対して余裕がない)色気をだして削る

GEDC0879.jpg

GEDC0884.jpg

はやる気持ちを抑えて 弦を張りましょ!!
弦は いつもお世話になってる 島村楽器 久留米ゆめタウン店 で取り寄せてもらった
ダダリオのリゾネーター用フォスファー弦 EJ42 島村楽器さん ありがとう!

GEDC0892.jpg
 
 タラ~ン!!

完成です!! ボディカラーがなんだか赤く写りすぎて ちょっと合わないヘッドに見えるが セ・ラビ~!!

GEDC0893.jpg

ヘッドマークは まだ入れてないけど もう「GRASS LAND」じゃなくてイイよね!?

GEDC0897.jpg

久留米のギター工房 「アストリアス」の豪華じゃないほうのヘッドマークみたいなので
「GRIFFIN」って入れたいなぁ…

それとも 釣具部門のマーク入れてしまおうかな…ww

GEDC0204[1]




スポンサーサイト

楽器(リゾネーターギター)の改造 前編(スロッテッドヘッドに改造)

今回は バイクでも釣り道具でもなく 楽器の改造の話です

GEDC0711.jpg

この手合いのアコースティツクギターは 一般的に「ドブロギター」なんてよばれてますが
「ドブロ」は この種のギターで有名になったドビエラ兄弟のギターメーカの商標名で
ギター自体の名称は「リゾネーター・ギター」もしくは「リゾフォニック・ギター」となります
んで ごっちゃになってるのですが よくみると シングルコーンでも大きく分けて2種類ありますね
中身なのでわかりにくいのですが コーン(共鳴板)が外を向きでスパイダーで弦の振動を拾うもの

GEDC0559.jpg


反対にコーンが内向きでコーンに乗せた(通称ビスケット)で弦の振動を拾うもの

GEDC0533.jpg

前者は それこそ「DOBRO」社の構造で
後者は 「National」社の構造となります 
(National Guitarは 経営上のトラブルからDOBRO社を離れたドベラ兄弟たちが興したメーカー)

大好きなジョニー・デップが弾くのは ビンテージ(おそらく1930年の)Nationalの「Duolian」

20081016125332[1]

今回の楽器は ナショナルタイプでは なく 10,5インチコーンのドブロタイプのリゾネーターギターです

GEDC0778.jpg

これは ジャンクだったものを修理したものですが サドルを竹で作ってみたり(もとは メイプルと思う…)

GEDC0731.jpg

ナットを牛骨で作ってみたりしてたら(もとは ついてなかったから 105円の市販の合成樹脂製をつけてた)
骨の注文などは いつも 島村楽器久留米ゆめタウン店でお世話になってます

GEDC0744.jpg


やたら よくなってきたので ペグも換えようと…
それとあまり大切にされてなかったようで ネック裏?がボコボコに凹んでて なんだかすっきりしない

GEDC0792.jpg


きれいにしてみましょうか… て感じだったのですが
欲がでて… やはりこの手合いは フラットヘッドより スロッテッドヘッドが カッコよくみえてしまう
よし! ペグは スロッテッド用の3連を使おう!! てことで改造になってしまった

「GRASS LAND」は 東京の「カワセ楽器」のオリジナルブランドでこのリゾネーターギターについては 
国産ではないようです 合板でできた比較的安い機種だったようですが 僕は 気に入ってるので合板でもゴーバンズでもなんでもイイのです

GEDC0780.jpg

さっそく 塗装を剥ぎながら 均していきます

GEDC0793.jpg

フラットヘッドは スロッテッドより薄いので 裏にスプルース板を張ります
(マホガニーは 少量の入手がしづらいし 飾り板のようなモンなんで軽くしたかった)
そうしないとペグのプレートがはみ出します
Rにキチンと沿うように 端面を調整します 

GEDC0797.jpg

ニカワで貼り合わせます

GEDC0798.jpg

完全に硬化してから 平面の部分は カンナなどで… 

GEDC0807.jpg

曲面の部分は 使い慣れたナイフ(ガーバーのFS2)で削ります

GEDC0811.jpg

そして ハックソーで スロットをあけていきます

GEDC0813.jpg

こんなふうに取れましたww

GEDC0814.jpg

ヤスリで大まかに調整していきます

GEDC0815.jpg

なんとなく スロッテッドになってきたでしょう?ww

GEDC0818.jpg

でも ケガキがわりのマスキングテープのままじゃ アナグマの顔みたいなので剥いでみましょうかね

GEDC0827.jpg

前編としては こんなもんですかね 
後編をおたのしみに!! ではでは!! わはは…!


格差社会…

少し前の事ですが
ウチのドラグレース部門のエースライダーでマスコットボーイのN嶋さんが
「マフラーば 加工してくれんですか!?」と電話してきた
「いいですけど 車種は?(どのバイクだろう?)」と僕
「んじゃ 今から行きますけん… ブチッ!! ツーっ!ツーっ!」
「…なんだ~!?」僕

30分くらいして 
「ヴァー! ヴァヴァヴァ ウヴァウオン… ヴォーーーーーーー!!」
聞いた事のないような排気音があたりに響き 止まった

事務所から出ると いわゆるランボルギーニ それはディアブロ…
ドアが縦に上がり いわゆるVシネマのイイ男的なヒト それはN嶋さん…
「こいです! こいのマフラーば やかましゅうしてくれんですか!!」
「こ…い?…ですか?」僕
「フェラーリんごと カーーーー!! ちゅわんとですよ!!」
「あの…同じ12気筒でもシリンダー挟角がですね…V型のラン…」僕
「よかけんで 抜いてくれんですか!!!」
「…はい」僕

GEDC0618.jpg

ディアブロVTのマフラーを容赦なく割る 3気室になってるようだった
全て抜いて「直管」は いくらエキゾチックカーでもマズいでしょ?
消音器の1/3だけ退いてもらい 溶接して戻す

GEDC0685.jpg
GEDC0690.jpg
けっこう中身は ザッと作ってあるもんなんだねぇ~ww

なんだか満足して帰って行かれたN嶋さんでした
GEDC0619.jpg

あれから 1年半~2年くらいでしょうか 携帯が鳴り
「こんちは~! N嶋で~す↓ ディアブロVTば イオタに変えたとですよ こいが ピーキーでガバ乗んにくかとですよ! どげんか 中速トルクば 増してもらえんですか?」

「ほへ!? ディアブロイオタですか?  まあ… できるかぎりやってみましょうかねぇ」僕

「んじゃ 今度 乗って来っです!!」

それから半年くらいでしょうか イオタは 来てませんが携帯が鳴りました
「こんちは~! N嶋で~す↓ イオタばツブしたですもん ほんで こんだGTば買うたですもん 燃料のセッティングが 絞っちゃぁごたって 乗んにくかってすよ してくるっですか!?」

「はぁ… まあ みてみましょうかね」僕
「なら 出て来っです」

30分後くらい
あのトキよりさらに硬質なエキゾーストノート…
もう 知ってるんだ僕 ディアブロが来るって だから驚かない
「グヴァァッ ヴォオオッ!!ガオン!!ヴォッ ヴォッ ヴォッ…」


GEDC0595.jpg

…ちょっと驚いた さらに幅広くブリスターフェンダーが張り出す車体…
カムプロフィールが違うのか 若干ハンチングしたアイドル回転…
ドアが やはり縦に上がり やはりVシネ・スターが降りてくる
「こにっさんが 黄色がディアブロらしかって言いよったでしょ~!! こんだ黄色にしたですもん わはは!」
「まあ N嶋さんのレーシング・カラーもイエローだったじゃないですか」僕
(三台目ですか… 経済格差… 感じちゃうナァ… てか 一台でもムリだけど…)

排気の匂いと音と経験的カンで 燃料の量を調整し(ええんかい!?) 
スロー回転をN嶋さんの希望に合わせる

テスト走行して確認 いい感じだという事で終了!!

VTは ラグジュアリーだったけど GTは スパルタンな感じ 
下品かもしれないがGTのほうが 僕は 好みだ…買えないケド…
イオターも見てみたかったなww

GEDC0624.jpg
ディアブロVTのエンジンルーム

GEDC0593.jpg
ディアブロGTのエンジンルーム

GEDC0596.jpg

働くってなんだろう? 労働賃金ってなんだろう?
ガンバルだけじゃ たどり着けない場所もあるのよね そんな事想う秋のある日でしたww

最後にN嶋さん 「カウンタックのクアトロヴァルヴォーレの6連ウエバーキャブ調整しきるですか?」

(おおお!! カウンタックかよ!! やりてぇ~!!)

ヨダレ出そうなのを抑え すました顔して「ええ 大丈夫ですよ いつでも持って来てくださいよ!」 



てか いつもいうけどバイク屋だし僕… しかもとびっきりビンボーな!!ww

でも こんな仕事 増えるとイイなぁ 楽しい!

追記

カウンタックは まだきませんが 後日 もう少し突っ込んだ調整でまたきました
実走と調整の繰り返し 荒っぽいと思ってたこの12気筒…
調律が合い キレイに12本の燃焼の足並みがそろいだすとかなりフレキシブルな事を知った
ワイルドなカムではあるので カムにノったら いきなりホイールスピン! だが
渋滞ぎみの国道…トップギアでも 不安なく走れる

GEDC0635.jpg

エンジンまで遠いので ちょっと作業しづらいww ブランケットをかぶせての作業

GEDC0645.jpg

やっぱり楽しい!!

もう6月ですか…

昨年後半からずっとずっと… ホント忙しくて 放置状態だったブログですが
「たまには 更新しな!」とおふれがありまして(;´Д`) また 記事を書かせていただきます

なんだか釣りブログのようになってますので たまにのバイクの記事を…
最近 組みあがったバイクのお話です

1984年式のホンダVF750Fをカスタムして乗ってらしたオーナーさんは 「ナナハンは 遅すぎる!」
と1000ccのエンジンに載せ換えを考え VF1000Rというバイクを手に入れました

VF750F カスタム車
1674936615_58[1]

VF1000R
c0000103460l[1]


VFの1000には「F」というモデルもあり それは VF750Fに似てるので エンジンの換装ができるのでは?
と当初 考え 寸法をあたると…

VF1000F
20130529214100516[1]


 さすがホンダ車… 似てても全ての寸法がミリ、センチで違う フレームの大幅な加工がいる…
ならばと1000Rに750Fの外装を…となりましたが これまたミリ、センチの違い多岐に…で
どう折り合いをつけるべきか非常に四苦八苦…から 冷却水の経路の違い 750F用にワンオフで造られたラジエターも5mmのセンターズレをどう折り合うかに…から 管径の特殊によりホースみつからず とか バルブカバーがタンクラインに当たるとか ひとつ進めるのに関連事項すべての折り合いがつきづらく 
似てても全く非なるホンダのものづくりを新めて知る事になりました(;´Д`) 
そして 一番上の画像のカスタムVF750Fのとおりオーナーさんは フレディ スペンサーの大ファンで1000Rを
AMAスーパーバイク選手権を走った VF750INTERCEPTOR F.スペンサー仕様に…とお考えでした

img_1424319_30013538_2[1]

改造部品が少ないVF 市販のマフラーでそれらしいものは ありません
前のVF750Fにもワンオフマフラーがついてましたが ミリ、センチで違う1000に合うはずもなく
集合方式にいささか疑問点もあり 造る事にしました

 砂詰めてパイプを炙って曲げたり

GEDC0574.jpg

切って溶接したりプレスしたり… 
管長は フロントバンクどうしリアバンクどうしが等長、 フロントバンク リアバンクも等長が理想ですが 
レイアウトがどうしても取れず 周波数を合わす為 1/2でサイクルを合わしてます
35φ→38φ→42,7φ→60φの多段膨張の4-2-1です

GEDC0544.jpg
GEDC0552.jpg

配線を変換してみたり

GEDC0391.jpg

いちいち突き当たりながら… 組んでは バラし バラしては 組みをくりかえし

GEDC0092.jpg


本当に オーナーさんには 時間的迷惑をかけてしまい 申し訳ない思いいっぱいでしたが
先ごろ なんとか組みあがりました

GEDC0324.jpg

外装は オーナーさんがみつけてきた 当時物新品のデッドストック品ですΣ(゚д゚lll)スゲェ!

20130529214135dcf[1]

ホイールサイズとマフラーの流れは 今風にアレンジしましたが AMAレーサーレプリカ(´▽`)

調整の走行もゴキゲン! 久留米の走り屋の聖地 高良山! 

GEDC0278.jpg


ホンダ初のV型4気筒は かつてグランプリが2st全盛の時代に4stで戦ったNR500の技術をフィードバックされたものといわれ 並列4気筒からホンダレーサーの主力になっていったエンジンです 
それの最初のモデルがこのVFシリーズです 
その当時 特異にみえたこのメカニズムに興味が湧き17歳の僕も購入しました…400ccでしたが…(^_^;)
ロブノーススタイルのダブルクレイドルフレームも新鮮でした (´▽`)

GEDC0514.jpg

たったこれだけの記事を書くのに毎日少しずつ時間を使い 
下書きに下書きを繰り返し5日もかかってしまいました(^_^;)もう6月ですね

コンパス


古いモノを愛するヒト達の中には 最初の… 初期のモノを欲しがる傾向があったりする
その想いは 単に当時に思いをはせた「当時モノ」とかではなく
その製品が「良い」から(高性能という事ではなく)なのだと思う



GEDC1269.jpg

作品や製品… 僕も自分の好きなモノは やはり 始めの頃や初期型が好きだったりする
例えば 好きな音楽家 好きな道具…
初期ものは それをつくったヒトの想いや心が一番感じられやすい
完成度は どうあれ 本人の想い 願いを…   いろいろなタガがない中での素のままの姿を感じる
それが世に出て皆に知られる その中に自分の改良点も見つけたりしてしまう
本人が意図しようとしまいとそれは 少しづつ変わっていく、 本人の意識のないままに廻りの環境が入ってくる 
それはけして悪い事ではない そうしてより完成のほうにモノは 近づいていく

だからトータルの性能が良いモノを欲しい場合は そのモデルの最終型を選べばいいが
製作者の心を知りたければ 初期型を選ぶほうがわかりやすかったりする

時折 自分を省みる どんな想いでこの仕事にたずさわったのか
どんな気持ちで 機械を改良しようとしたのか…

GEDC0374.jpg

初めてキャブレターオーバーホールをしたのは 14歳…中学2年生
今も乗ってるCB750Kz 僕のもとにきて4年放置状態で不動車となったこのオートバイを蘇らせたかった
このオートバイが 僕の人生を決めたと言っても過言ではない と思う



GEDC0512.jpg

初めて改造をしたのは その頃の愛車 CB50S
マフラーを変え ボアを広げ ハイカムを組み キャブを変え クランクを考え 色々した
ところが 思ったほにどは 速くならなかった
(売ってるような部品をつけてもそんなもんなんだ…)

そこから考えはじめた なぜ どうして もっと…
カムのタイミングは 本当にコレでいいのか? ファンネルの形状でなぜセッティングが大きく変わるのか?
ポートは 本当にこんな形でいいのか? プラグコード キャップは コレでいいのか?
小型バイクに興味がない僕でしたので 中学2年後半から高校1年後半までの短い期間だったけど 
一つ一つ考えて改良し自分で考えた形、タイミング、調整、にしていった
想いは キチンと結果になって現れた 
最終的には(雑誌での照らし合わせですが)有名プロショップの2サイクルバイクの改造車を上回るスピードを得てた


僕の「チューニング」の幕開けだった
それからも 同じ思考で生きてるつもりの僕なのだけど


img_[1]
自分の想いを投じたマシン…自分の考えの証明の為 スピード競技の場で戦う


初期の想い… 薄れかけたそれを…
時々 自身を省みる必要がある
時々 修正をかけなくてはいけない
自分が造りたかったものとは!? 自分が描いた形とは!!

僕が人生の折り返し地点を過ぎてどのくらいなのかは 神様にしか分からない

誰ひとり 思ったとおりに生きては いけないのだろうけど
僕は 自分の想い描いた 方角に進んでいるのだろうか?

コンパスよ さあ教えてくれ 指してくれ!! 
…俺は あの時の気持ちで あの時目指したものに進んでいるかい? 


| NEXT>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。