スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽器(リゾネーターギター)の改造 後編(スロッテッドヘッドに改造)

さてさて こんどは チューニングペグですが…
3連となると ガットギター(クラシックギター)用プレート兼用がほとんどで プレートのデザインがイマイチ…
クラシック然としたものが多く さりとて スロッテッド用となると 独立型が多いのが現状です
(NATIONALタイプのほうは 世界のGOTOガット製をチョイスしてる)

ガットギター用でプレートが まま、この手合いに合いそうなモノをみつけたので
独立型(左上)のストリングポストとギアとを組み合わせて(要 プレート穴加工)3連のスロッテッド用にした

GEDC0801.jpg

つぎは 角ばったボタンの形を 変えて似合いそうにしてゆきます(下)

GEDC0840.jpg

ヘッドにペグ穴をあけます 垂直に真直ぐ掘るため 治具をつくり 深さを決めるカラーをドリル刃に通して
穴をあけていきます

GEDC0829.jpg

6つの穴があきました

GEDC0831.jpg

ペグを通してみます 
3弦、4弦のストリングポストとスロット穴の上が狭いですね

GEDC0836.jpg

また マスキングテープでけがいて 穴を延長していきます


GEDC0837.jpg

そして 反対に下側のスロットの角を落として 弦が触れないように削ります
最近のスロッテッドは ノミで落として 角ばった傾斜のものも多く見かけますが
古っぽい仕上がりを望む僕ですので 丸く削っていきます

GEDC0838.jpg

あとは 塗装のために ひたすらサンディング…
バインディングのギリギリまでで留めておきます

GEDC0822.jpg

アコギでは 定評のあるラッカー(ニトロセルロース系のラッカーに限る!!)を吹きますが…
ネックは マホガ二ーなのでキレイな色合いになりますが スプルースは 白くて まるで忌野清志郎さんが出てた映画  妖怪大戦争のキャラ すねこすり の顔のようです(汗)

GEDC0844.jpg

マホガニーのネックに似せた色をのせていきます
まま ヨカ感じやなかですか!!(なぜか久留米弁)

GEDC0848.jpg

それでも やっぱり継ぎ目の木目の違いが気になる…
ええい 黒を吹いて ぼかしちゃえ!! サンバーストじゃ~!!

GEDC0853.jpg

艶のない ぼかし黒もクリアを吹いたら だいじょうV
ペグを通して ピンバイスでつかんだ2mmのドリルで下穴をあける

GEDC0872.jpg

わお!! ペグがついたら すごく素敵に!!
裏のスプルースの木目のほうがキレイねぇ…ww

GEDC0889.jpg

もう 完成まぢか…
でも 大事な事が… 弦の角度が変るからナットを作りなおさないと… 
福岡なので豚骨!! と言いたいが牛骨にてナットを作ります(汗)

GEDC0742.jpg

ついでに ビンテージには ついてないテンションロッドの味気ないカバーを 
少しだけ(穴に対して余裕がない)色気をだして削る

GEDC0879.jpg

GEDC0884.jpg

はやる気持ちを抑えて 弦を張りましょ!!
弦は いつもお世話になってる 島村楽器 久留米ゆめタウン店 で取り寄せてもらった
ダダリオのリゾネーター用フォスファー弦 EJ42 島村楽器さん ありがとう!

GEDC0892.jpg
 
 タラ~ン!!

完成です!! ボディカラーがなんだか赤く写りすぎて ちょっと合わないヘッドに見えるが セ・ラビ~!!

GEDC0893.jpg

ヘッドマークは まだ入れてないけど もう「GRASS LAND」じゃなくてイイよね!?

GEDC0897.jpg

久留米のギター工房 「アストリアス」の豪華じゃないほうのヘッドマークみたいなので
「GRIFFIN」って入れたいなぁ…

それとも 釣具部門のマーク入れてしまおうかな…ww

GEDC0204[1]




スポンサーサイト

楽器(リゾネーターギター)の改造 前編(スロッテッドヘッドに改造)

今回は バイクでも釣り道具でもなく 楽器の改造の話です

GEDC0711.jpg

この手合いのアコースティツクギターは 一般的に「ドブロギター」なんてよばれてますが
「ドブロ」は この種のギターで有名になったドビエラ兄弟のギターメーカの商標名で
ギター自体の名称は「リゾネーター・ギター」もしくは「リゾフォニック・ギター」となります
んで ごっちゃになってるのですが よくみると シングルコーンでも大きく分けて2種類ありますね
中身なのでわかりにくいのですが コーン(共鳴板)が外を向きでスパイダーで弦の振動を拾うもの

GEDC0559.jpg


反対にコーンが内向きでコーンに乗せた(通称ビスケット)で弦の振動を拾うもの

GEDC0533.jpg

前者は それこそ「DOBRO」社の構造で
後者は 「National」社の構造となります 
(National Guitarは 経営上のトラブルからDOBRO社を離れたドベラ兄弟たちが興したメーカー)

大好きなジョニー・デップが弾くのは ビンテージ(おそらく1930年の)Nationalの「Duolian」

20081016125332[1]

今回の楽器は ナショナルタイプでは なく 10,5インチコーンのドブロタイプのリゾネーターギターです

GEDC0778.jpg

これは ジャンクだったものを修理したものですが サドルを竹で作ってみたり(もとは メイプルと思う…)

GEDC0731.jpg

ナットを牛骨で作ってみたりしてたら(もとは ついてなかったから 105円の市販の合成樹脂製をつけてた)
骨の注文などは いつも 島村楽器久留米ゆめタウン店でお世話になってます

GEDC0744.jpg


やたら よくなってきたので ペグも換えようと…
それとあまり大切にされてなかったようで ネック裏?がボコボコに凹んでて なんだかすっきりしない

GEDC0792.jpg


きれいにしてみましょうか… て感じだったのですが
欲がでて… やはりこの手合いは フラットヘッドより スロッテッドヘッドが カッコよくみえてしまう
よし! ペグは スロッテッド用の3連を使おう!! てことで改造になってしまった

「GRASS LAND」は 東京の「カワセ楽器」のオリジナルブランドでこのリゾネーターギターについては 
国産ではないようです 合板でできた比較的安い機種だったようですが 僕は 気に入ってるので合板でもゴーバンズでもなんでもイイのです

GEDC0780.jpg

さっそく 塗装を剥ぎながら 均していきます

GEDC0793.jpg

フラットヘッドは スロッテッドより薄いので 裏にスプルース板を張ります
(マホガニーは 少量の入手がしづらいし 飾り板のようなモンなんで軽くしたかった)
そうしないとペグのプレートがはみ出します
Rにキチンと沿うように 端面を調整します 

GEDC0797.jpg

ニカワで貼り合わせます

GEDC0798.jpg

完全に硬化してから 平面の部分は カンナなどで… 

GEDC0807.jpg

曲面の部分は 使い慣れたナイフ(ガーバーのFS2)で削ります

GEDC0811.jpg

そして ハックソーで スロットをあけていきます

GEDC0813.jpg

こんなふうに取れましたww

GEDC0814.jpg

ヤスリで大まかに調整していきます

GEDC0815.jpg

なんとなく スロッテッドになってきたでしょう?ww

GEDC0818.jpg

でも ケガキがわりのマスキングテープのままじゃ アナグマの顔みたいなので剥いでみましょうかね

GEDC0827.jpg

前編としては こんなもんですかね 
後編をおたのしみに!! ではでは!! わはは…!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。