スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

両軸受リールの投げ釣り

「投げ釣り」とは言えないが 小学5年生の僕が初めて「投げる釣り」の為に手に入れた両軸受リールは 
オリムピックのドルフィン550
これとグラス投げ竿3.6mとの組み合わせで 釣りに出てた 海はもちろんだが川やダムでの鯉釣りにも使ってた
いわゆるブッコミ釣りで 一生懸命投げても距離は50m程度

GEDC1034.jpg

中学に上がり ダイワのシーライン4/0をバイトして買った 竿も両軸に向く磯底物竿を使ってた
磯でシブダイ(フエダイ)釣りや石物釣りに使ってた 地磯での釣りだけ(瀬渡しなんてムリムリ)で石物…
沖の海溝に入らないと釣れない… 遠投力が足りなかった
シブがメインとなってた

GEDC1035.jpg

もっと飛ぶリール… シマノのトライトンを使いだした
コレは 素晴らしくよかった 軽いスプール ボールベアリング 自動遠心ブレーキ ワンピースフレーム
デザインは 古典が好きな僕には ちょっと…だったが 沖の海溝に仕掛けが届く…
石鯛を手にする事ができた

GEDC1036.jpg

磯での遠投をしているうちに やはり「投げ釣り」に目がいく いままでスピニングでしてた釣りにも
両軸受で対応できるのでは? 砂浜の…サーフキャスティングを…
トライトンは 良かったが投げ釣りでは レベルワインダーがないのは 非常に使いづらかった
その頃レベルワインダー付きで一番大型は アンバサダー7000C(超初期型の9000にはレベルワインダーがついてたが…)
しかしABUは中学生のバイトじゃ買える代物ではない 経験的に軸受はボールベアリングでないと… はてさて 
僕の住む辺りではPENNは あまり入手できなかったし まだこの頃は PENNも高価だった 
トライトンでシマノ好きになりつつある僕だったがやっぱりダイワに心が残る 
なになに 磯。船からサーフまで…シーライン300L 350L おお! 軸受はオイルレスメタルではなくBB
これだ!! PENNのパクリとか知らない 砂浜用としてシーライン300Lを使いはじめた
ミリオンマックスGS8000に退いてもらい
グラスのダイワ ジェットキャスト3.9m改と組み合わせ 砂浜での「投げ釣り」に採用
以下 打倒スピニング!!の気持ちで遠投を目指した 中学3年生の夏
誰も(少なくとも自分の周りでは)してない 誰も教えてくれない そんな始まりだった


しばし時は流れ 社会人となり 仕事に追われ釣りから遠のいた
仕事にも慣れ 少し自分の為の時間が取れ出すと また海で時間を過ごしたくなってきた
やり残し感が強いのは… 両軸の投げ釣り…
磯竿 投げ竿改…強靭な船竿(120号)改やなんかも作って試したりしてたが…

西山徹さんの本に アメリカには サーフキャスティングの両軸受サーフリールに対する根強い人気があり…
とあった 国内で両軸受けリール用の投げ竿は まず見かける事はなかった

外車ディーラー務め(GM担当)は関係ないがww 個人輸入するしかない… 
数回にわたり 両軸用のサーフロッドを購入した 

GEDC1029.jpg

11ft ここではUC6501C改とのコンボ 
こんなヤツや あんなヤツや… その他

GEDC1027.jpg

12ft ここではPENNレベルワインド209の左ハンドルとのコンボ

カッコイイ! 実に絵になる しかしフィールドが違うのだろう
砂浜でほんの40mも投げれば 1mのストライパー ブルーフィッシュ レッドドラムが釣れる
そんな環境にない日本の投げ釣り ごく最低でも100mのキャスティング性能は必要
アメリカ式の胴調子のサーフロッド(45号負荷に相当)では 
どのリールと組み合わせても届きません 全く(T_T)

そんな訳で また 独りでやり始める両軸遠投… まだPEラインが出るかでないかの時代
小型両軸では キャパが足りないと思ってた…しかし違ってた

それで前々に上げた記事のスタイルにたどり着いた
確かに時代かもしれない 細く強い糸とハイスピードギアなくしてこの釣りは成り立ちにくい
今後も変わっていくかもしれない しかし 今は あの組み合わせが一番 僕には 合ってる 


GEDC1038.jpg

現存する 頑張ってくれた道具たち





余談 

今はシマノのカーボン投げ竿改をメインで使う僕ですが
中距離や食い込み重視の釣りには 沖縄より個人輸入(海外か!ww)した
カーボンのタマン竿が じつに使いやすい

GEDC1032.jpg

7001改とのコンボ または 5~6000番との組み合わせで使用

 
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

ハオコゼ : 2012/03/22 (木) 19:03:48

底物もされてたんですね~ちょい投げ師の僕には縁遠いシロモノですが、僕も子供の頃はスピニングよりタイコリールにときめくものを感じてました。魚信さんの使ってたアンバサダーとか。

両軸とタマン竿のコンビはキンコロでは御法度の二乗ですが、その戦闘力はかなりの大物でも余裕なんでしょうね。

次は釣行記を期待して待っております。(笑)

ぐりふぃんMB : 2012/03/22 (木) 19:38:01

>ハオコゼさん

生まれと小学生時代は 大阪…泉州でしたが 
一番多感な時代は 南国は宮崎に過ごしました
海に恵まれてました(もちろん山にも)
三平三平君も シーライン400(多分ww)に剛竿をふるって
イシダイ釣ってましたね ヤツの影響は ありますね
ダイワ精巧 ファンだったのは(*´∀`*)
色々いらってみた今は シマノが肌に合いますわ 会社 堺やしね

>両軸とタマン竿のコンビはキンコロでは御法度

レギュレーション違反なのですか?ワオ!!

うう… 釣行記ですやろ?
現住所の久留米市には 海がありませんねん
独り親方で なかなか休まれへんし…
せやけど 初夏くらいに やったらなアカンやつがおりますねん
あっこにおんねんや コロのヤツ 温なったら来よんねん
待っとれや~コロ~ いてこましたんど~ワレ~!! 

あはは… 失礼します~
 

なみ平 : 2012/03/23 (金) 18:08:17

こんばんは!

幼少期から両軸リールとはビックリです。

それぞれ、いろいろな出会いがありますが・・・
フィッシングスタイルを追求するアングラーになりたいと思いました。

海平さんのスタイルというか姿勢には感服です。

僕はサーフキャストの大物ではサケ位しか経験がありません。

磯の底物や青物は憧れです。

両軸サーフキャストの初心者ですが、これからもご教示ください。

ぐりふぃんMB : 2012/03/23 (金) 21:47:41

>なみ平さん

こんばんわ いつも楽しいブログ見せて頂いてありがとうございます
なみ平さんの造詣の深さにいつも参らせられてます

いえいえ 最初は 僕もスピニングリールでしたよ~(#^.^#)
ドルフィン550に至るまでに
小2の時 バンブーロッドとインスプールのスピニングタックル
小4で11尺の投げ竿にオリムピックのアウトスプール&ダイワのアウトスプールと3機使いました
その後も ミリオンマックス買いましたし
ミッチェルも買いましたもん('∀`)
でもずっと両軸受が好きで好きで…
左ハンドル主義で良かった~ 右ならもっといろんな機種があるから(T_T)

当方 日本国では 南方の為
反対にサルモニダエに対する憧れがかなりあります
海アメなんてとても羨ましい釣りだし 
河のスプーン(ウォブラー)で底をコロがす釣りもしてみたいです 

じゃこごうこ : 2012/03/24 (土) 08:19:34

なみ平さんから教えていただいてやって来ました、じゃこごうこと申します。
その名のとおり、コテコテの泉州人ですw

上のハオコゼとかいう珍人とも親しくしていただいておりますwww

ハイカーボン投げ竿にタイコリールとなると、欧州の遠投競技を思い浮かべてしまいますが、和風のアレンジしかも実釣は稀有ですね。
面白すぎてマネしてしまいそうですw
ぼくもシーラインやらファイターやらのクラシカルな和製は今でも愛蔵しておるのであります。

話題は変わりますが、退役したミリオン8000番は、投げ用スピニングの名機だと思います。
すばらしーセンスです。

さらに話は飛びまわりますが、タマン竿がしっくりくるというのはとってもよくわかる感じで、ぼくは80年代のカーボン投げ竿でちょっと似たネバネバ感を楽しんでいます。

最後に、シブダイなんて、いまのぼくには憧れのサカナですが、ソレは宮崎時代のお話しなんでしょうね。
ぜひ今夏にはサーフリーダーにアンバサダーのコンボでデカコロをブリ揚げて、全宇宙のコロタマニストを驚倒させてやってください!

以上、突然、しかも長々と失礼いたしました m(_ _)m

ぐりふぃんMB : 2012/03/24 (土) 12:47:30

>じゃこごうこさん

訪問ありがとうございますヽ(*´∀`)ノわお

「キンコロ」というものに参加しようかなぁ~(くらいでスミマセン)と思ってましたが
ハオコゼさんの書き込みで この仕様は好ましくない事が判明したこと 
くわえて今の僕の生活範囲で仕留めるだけ釣行できるかの心配もあり
今年(もうすぐ締切ですね)は 止めておこうかと思います

そうですよね投げ釣りの限界を探るのが「キンコロ」の意図するところ
磯釣りみたいなのんは あきませんなぁ そこに割り込む「投げ釣り」なんやから。

今住んでるとこから行ける範囲は コロダイはなんとかなるかもしれないですが タマミはいません(長崎県まで行けたら大丈夫かな?)
いずれにしてもあんなヤツらを硬い「投げ竿」で獲る…それは凄まじいパワーが必要でしょうね 磯竿は胴で粘ってくれるから楽ですが 投げ竿…弾けて割れそう(T_T)

シブは 僕が宮崎に居た ひと昔(ふた昔?)前に比べるとずいぶん型を見ないそうです 僕が居た頃は 夏の夜の楽しみでしたが… 寂しいもんですね

さてさて最後に頂いたお言葉… 頑張ります!! 
ぬくなったら アッコの磯と磯の間の砂間に入ってきよるんですわ
僕 知ってんねん('∀`)
なんとか頑張ってみますわ…タマン竿で…(T_T)ワレ コンジョウナシカイ!!

ウワ~ン(T_T) わかりました 投げ竿でいてこましたります!!

なみ平 : 2012/04/26 (木) 22:38:31

ごぶさたしています!

僕も、いよいよ、両軸リールの投げ釣りを始めました!

魚の釣果もありました。

でもヒトデが掛かったときの力強い巻き取りも快感ですね(笑)

飛距離を出すために、7000番に何号の糸を巻いたら良いか、思案中です。

ぐりふぃんMB : 2012/06/18 (月) 19:37:15

>なみ平さん

認証待ちコメント… スミマセン 今 気がつきました(T▽T)

7000番なら 太糸のほうが相性が良いかと思います

号数なら7とか8なんかでしょうかねぇ

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。