スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オートポリスサーキット

8月5日(だっけ?) いつものONE&TOW走行会が オートポリスでありました

…サーキットの朝は 早い…

4時55分の携帯アラームで飛び起き 10分ソコソコで朝の身支度を終わらせ
13分目には 昨夜のうちに積み込みを終わらせてある トランスポーターであるE24キャラバンのハンドルを握り激走している
走行会自体は 一番最初のクラスでも7時半くらいに着けば受付に十分間に合うのですが
僕は コースマーシャル(先導)の仕事もあるので6時30分からの打ち合わせ会議に間に合わなければイケナイ
早朝の国道をブッ飛ばす 夏の早朝の爽やかな風…ヽ(*´∀`)ノ
距離に比例しフロントガラスに張り付き重なる羽虫の死骸…(T_T)    夏だぜ~!! 

国道から県道に… 阿蘇を目指すワインディングロードを攻め上る 
スピードメーターと時計と水温計をキリキリ見て なんとかオートポリス入場口に到着
ゲートオープンは6時30分からなんで 一般の方々が長蛇の列
遮断ゲートの前には 金縁のレイバンをかけショットガンを構えた屈強なゲートキーパーが…

スルスルスル~っとその列の横を通り抜け 先頭に出て窓を開ける僕
「ヘ~イ! ストップ ユー!!」とゲートキーパー
「ファック オフ!!」とつぶやく僕
「ワッツ ドゥーユー セイ!」ゲートキーパー
向けられた銃口を手で軽く押し下げ かけてたサングラスを取り
「ドゥー ユー ノウ ミー?」とウインクして僕がいう
途端にしかめっ面だったゲートキーパーがにこやかに笑い
「アッオー ミスター! ハバ ローング タイム サー!」といって通してくれた

…とまあ 寝ぼけながらの到着なんで 現実と夢がごっちゃかもしれませんDETH
「GMBのコニシですばってが~6時半にコントロールタワーで会議があるけんで 先ン通してもらゆっですかね?」
「はいは~い どうぞ~」

といったやり取りだった気もします

さて 寝言はこれくらいにして 到着してから…
下界では あんなに「晴れ」だったのに ココ オートポリスは 曇りと霧雨 いつもながら天候不安定(T_T)
山には 厚い雲

GEDC0205.jpg

まあ 取り敢えずバイク下ろして支度しなきゃ 
そして打ち合わせに行かないと…
そうこうしてるうちに ゲートオープンしたみたいで 参加者たちが続々とやってくる
ウチのピットの前で車輌降ろすヒトがいた(まあ 降ろしたら移動するやろうから…)
隣のピットにバイクを入れ終わっても 車を移動させる気配がない
クソ!なんや腹立つやっちゃの~ と 思いつつも
ショップオーナーですから 温和に「そこ ウチのモンが来るからどかしといて!金出してココ借りとるんやけぇ」
と言って 会議に行った
戻ると 先ほどのヒトは ちゃんと隣のレーンに収まるように車を移動してた
…が 誰も 来ない ウチのお客さん誰も来てない(もとより今回 ウチの台数は 少ないのだが)
一台 僕のCB750Kzがピットに置いてあり その前のスペースにキャラバン1台だけで がら空き…
カッコつかねぇ~(T_T) 
隣のヤツと僕との間になんとも言えない空気が2時間くらい漂った という…(T▽T)

GEDC0207.jpg

しかたなく しかめっ面でピット前ウロウロして軽く威嚇して時間をつぶす… 
そこにゼファーのヤマハタさんから「ピット何番ですか~?」と
電話があった 「13番です 早く来てください カッコつかんごとなってるもんで」と救援要請 
それからは 順調にメンバーが揃いましたので 僕、ご満悦ヽ(*´∀`)ノ

GEDC0209.jpg
 
今回もマーシャルは 一回だけでよかったので
あとは 走る!!
いつもの第二ヘアピン

IMG_1397[1]

10%の下り急勾配にさしかかる立ち上がり 開けすぎると簡単にスリップダウンするyo(T▽T)

IMG_1553[1]

お!今回珍しく右コーナーの写真が上がってる
第一ヘアピンかな? カメラマンさんは やっぱ速度の落ちるヘアピンが撮影しやすいのかな?

IMG_2862[1]

同コーナー立ち上がり

IMG_3055[1]

ややこしい天気では ありましたが 霧雨が少し降っただけで
あとは 涼しい「曇り」でしたので かえって善かったかな
革ツナギが苦にならなかった (´▽`)
イイ感じのヒトなんかとも お知り合いになれて とても良い一日でした…

…サーキットの一日は 長い…

朝 早いぶん すごく一日が長い それをさらに無駄なく使う

解散し帰路につく皆を見送ったあと
本コースより もう一つ小さめのレイクサイドコースに降りる僕
レイクサイドコースに用事があるわけではなく レイクサイドコース サイド レイクに用事がある
まあ「レイク」というより「ポンド」では ありますが ここでバス釣りもして帰る訳です

なんか喰い渋ってました タフコンディション 
愛用の1940年代の ヘドン チャッガースプークで 出ました
タフってたので いわゆるポップ音は させず アゴで水面を削るようなアクションで
やっと出ました

ワオ! 暴れなさんな!!

GEDC0210.jpg

型は 小さかったけど (T▽T)
フィリプソンのストレートファイバー6ftのヤツ+5001C改

GEDC0211.jpg


工場を休んで行ったからには トコトン遊んでやる! て感じの一日でした

ナハネフ22 昇降ドア

GEDC0126.jpg


5月の記事に上げた フロントウインドシールドやマーク等のガラス(アクリルガラス)を入れ替えた
ブルートレインの客車 ナハネフ22です

GEDC0117.jpg

完成記念セレモニーを福岡市東区が行うという
幼稚園児等も招いて 乗車できるような展示にするのだという…
昇降口は 今使える連絡ドアではなく 左右にあるドアを使うのだという

GEDC0120.jpg

ううむ… 腐食 甚だしいですね
カワイイ園児達が踏み抜いて怪我でもしたら大変です(T_T)
と いう事で作業依頼がまた(株)エーワンディヴェロップ様からきました
http://www.a-one-deve.com/

GEDC0096.jpg

昔の車輌(1964 - 70年製造)に手直し手直しできてるのでしょう 
図面など アテにならない事は 目視でもわかります
あらかたの寸法を取り 模様の似たシマ鋼板のカットと曲げを終わらせた 半加工品を作り
現地でツジツマ合わせする事にしました
側板の為のボンデ板(亜鉛メッキ鋼板)は 現地で現物合わせで曲げる事とし平板で持ち込みます

GEDC0108.jpg

さてさて 梅雨のこの時期 しかも今年は ヒドイ降雨
朝から じゃんじゃん威勢のイイ雨 しかし そこは 小西永一だから大丈夫!と自分に言い聞かせ
現場に向かいます

GEDC0103.jpg

わが街のシンボル 筑後川も アマゾン川のような形相で 見送ってくれました

GEDC0100.jpg

そして 福岡市に入ると 多少路面は濡れてますが ハイ 小西永一ですので 雨は 上がりました

GEDC0110.jpg

腐食した部分は 一気にアセチレン溶断で切り落として ハンドグラインダーで削って調整していきます

GEDC0111.jpg

この 角 角を同じ角度に現地で現物に合わせて曲げて 側板を作ります
画像は 手垢等で汚れてますが キレイなボンデです
どうやって曲げたの?って?

GEDC0099.jpg

はい この日の為に バイク運搬用のトランスポーター 愛車E24キャラバンV6 3000GTRは
溶接機 作業台 油圧プレス 電動工具 その他 が据えられ 移動式ミニ工場と化していたのです
ここで曲げ加工したりしました

GEDC0112.jpg

そして 新たに作った踏み板のシマ鋼板を取り付け溶接していきました
予定では2~3日とふんでいたのですが
やはり 現場では 予期せぬ事態に遭遇するもので ああ削ったり こう止めたりで
左右ドア分で結局5日を費やす事となりました(T▽T)
5日もありゃぁ そら梅雨時期 さすがに小西永一でも2回ほど ドシャ降りに遭いました
しかし僕のあとに入る パテ打ちや塗装の職人さんの時間を考えると 工期を遅らす訳には いきません
なんせ セレモニーの日取りは 決まっているのですから…

GEDC0115.jpg

他の側板やピラーなどもボンデ板で作って溶接して なんとか自分の持ち時間内に作業が終わりました
あとは 次の職人さんにバトンを渡して…

僕は こうみえても「バイク屋」なんですが('∀`) こんな仕事 作業も とっても楽しい
こんな夢のある仕事に呼んでくださる (株)エーワンディヴェロップ 代表の麻生さんに ホント感謝してます



そして そして いよいよ
完成記念セレモニー当日 現場に向かうと…

未曾有の豪雨でセレモニー中止!! ワオワオ~(T▽T) 



今頃です(T▽T)

釣り関係と比較して人気のないバイク関連の記事ですが(T▽T)

先月の13日(だっけか?) オートポリスサーキットでONE&TWOクラブの走行会がありました
僕にとっては 仕事であったりします
各ショップのお客様は もちろん 我グリフィンモータービルドのお客様にも 一日楽しんでもらう訳です
そんな訳で 僕は コースマーシャルのお仕事です
コースイン時(アタマ切るように)や チェッカーの際(切込み隊長のようにして(^Д^)) 先導して走行いたします
マーシャルの時は マーシャルのチョッキを着ての走行です

IMG_9141[1]
このチョッキは 前のモノですが…




A~Dクラス 各クラスそれぞれマーシャルがつきますので空き時間は お客様に混じり自由に走行させてもらいます
この走行会は 人気が高く各クラス合わせた総数は 300台を超えます
僕は バイクの改造屋なんぞ営んでおりますが 改造は あまり好きでは ありません(´・ω・`)
本当は STDをシッカリ整備したものが好きなんです
しかし レースに勝つ為には それだけじゃ不十分なので 結果 改造をする事になってしまうのです
この辺りの想いは 「釣り道具」も同じです
なのでレース以外は STDに最低限だけ手を入れた 街乗り用の1978年式CB750Kzで遊びます

IMG_9387[1]
ちょい前 雨用ツナギの写真





603985476_184[1]
16歳で原付 17歳から 多少大きめなバイクに乗り始めて

GEDC0498.jpg
とりとめのないサル顔(T▽T)


一生懸命 働いて もがいて… してるうちにアメ公に求愛されそうな自慢の艶黒髪も抜け落ち

ロードライダー200605


ロードライダー200604
ウデに刻んだグリフィン 背中にしょったカンバンに恥じぬように
ロードレース,ドラッグレースをノシていくうち
出版社の取材がきたりしたりして 能書きタレたりしてたら

最近は 他所のショップさんやお客さんやらから 「乗ってみてほしい」とか「乗って方向を探ってほしい」など
声も掛けていただいたりするようになり
この日も 3人の方にお声を頂いた(;゚Д゚)!
でも サーキットでいきなり他人のバイクを走らすのは ちょっと根性がいる
大御所「ホンダショップ タジマ」さんからも お声を頂き
http://blogs.yahoo.co.jp/honda506/MYBLOG/yblog.html?m=lc&p=3
大先輩なので断る訳にもいかず…という訳ではなく
「是非 乗ってみたい」とこちらからお願いするようなバイクをお貸し頂いたヽ(*´∀`)ノ

往年の耐久レーサー RS1000を想わせるタジマスペシャル(「特攻の拓」の真嶋スペシャルみたいなひびきだ)

本当なら鉄腕アトムがいる時代…21世紀製のオートバイたちに昭和のマシンで割って入る

IMG_3815[1]

うっひょ~!! タイムスリップしたみたいだが 楽しい~~~~!!
軽い車体と安心できるハンドリングに助けられ 風の中でもがく!!
軽い車体にキチンと組まれたエンジンは 速度ののりが素晴らしく ピーク性能ばかり追ったおバカな仕様とは 一線を画す 
フレームのしなりで逃がすような卑怯な技ではなく サスペンションにキチンと仕事をさせてる車体
スライドした時のコントロール性能もかなりイイ(*´∀`*)

IMG_3920[1]

ちなみに同じコーナー(第二ヘアピン)の同じアングルの自前バイク

IMG_7228[1]


…やっぱり 人様の大切なバイクは 思いきるには 怖かとです (T▽T)

 




ナハネフ22

オートバイの改造を生業としています僕ですが…
この度 ウチのお客様の会社 (株)エーワン ディヴェロップ様から 
http://www.a-one-deve.com/
職人さんが居ないという事で ご指名を頂き 窓ガラス(アクリル)の入れ替えの仕事に出向きました

バイクでは もちろんなく 自動車などでも ありません

わお! ブルートレイン 

tr_455_01[1]

機関車のほうではなく 客車ですが…
まあ 車と同じやろって仕事を受けた訳です

福岡県東区の貝塚公園に96型蒸気機関車とコンボで保存されているナハネフ22型です
僕が子供の頃ブルセラではなく ブルトレが大ブームでした
僕も鉄道マニアってほどでは ないのですが 当時ブルートレインのミニモデルなんかを集めたりしました
その中にこの客車もありました
あさかぜ型なんて呼ばれてた 主に最後尾車輌として牽引された客車です
現在 2台のみ現存するそうで そのうちの一台です

6088469_1640846003_236large[1]

現在では ほとんど接着式なのですが H型ゴムで止まってるタイプです

6088469_1640845995_200large[1]

モールを巻き…

6088469_1640845997_31large[1]

引き込みを支度し…

6088469_1640846001_151large[1]

大きな窓は さすがに独りじゃ無理なんで 中学時代の同級生ノボル君に押さえててもらい
内側から引き込み 装着していきます

わはは バイク屋の仕事じゃないけど 楽しい仕事だなぁ~ヽ(*´∀`)ノ

ナショナル パーク フクオカ

ロードは シーズンオフなので 25日にトレール車輌でモトクロスごっこをしにお客さんと行きました

名うてのライダーと知られる 演歌歌手 尾形大作さんプロデュースのモトクロスコース

「ナショナル パーク フクオカ」です

9822596_1541648649_77large[1]

普段 大型バイクにしか乗らないので この手の車輌の軽さに感心しながら遊びます

9822596_1545265488_199large[1]

ロードバイクの3倍は あるホイールトラベル(ストローク) ロードバイクじゃ体感しにくい

サスペンションの動きも学べます

上手に動かせた時は 気持ちよく跳べますねヽ(*´∀`)ノ

9822596_1545266354_209large[1]

こんな長いストロークのサスペンションでも 着地しだいじゃこんなにボトムしてしまいます

9822596_1545266370_182large[1]

でも体感的には そんなに衝撃はありません サスペンションってスゴイですね

今回は たまたま通りがかった(寄った)方が 写真を撮ってくださったので

こうしてブログが書けました(笑)

9822596_1545266129_214large[1]

たまには 土遊びも楽しいですね

<<PREV | | NEXT>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。